カテゴリーアーカイブ: 体験談インタビュー

「プレワークアウトで効率的に燃やせる体を手に入れる」ボディメイクトレーナー森弘子さんにインタビュー

2014.11.27

今回は、女性の美と健康の食と運動の指導と、ゴールドジムでトレーニングインストラクターの活動をされている森弘子さんにインタビューさせていただきました。

・・・・

インストラクターの立場として、プレワークアウトの認知度はまだまだ低いと感じています。
運動前に行うのは簡単な準備運動くらいで、「栄養成分を摂って、内側から準備をしよう」という発想にはならないようです。

また、ジムに通う女性は圧倒的に“ダイエット”目的の方が多いのですが、大半の方が私の若い頃と同様に、無理な食事制限をしています。
「あれも食べちゃいけない、これも食べちゃいけない」と過剰に制限を作って、身体にとって必要な成分までそぎ落としてしまう人があまりにも多いです。
私が身をもって体験したのは、筋肉をつければ脂肪燃焼効率が上がり、ダイエットしなくとも魅力的な体に近づけるという事実です。

20代の頃は体重ばかり気になって、無理なダイエットで身体を壊す日々。そんなときに登山を始め、ボディビルディングという競技に行きつきました。
体を動かしているためか、たくさん食べても太らない。それどころか身体が引き締まり、筋肉もついて、ダイエットしていた頃よりボディラインが格段に美しくなりました。

運動前のプレワークとしてアルギニンとシトルリンを摂るように、毎日摂取する食事も、身体を効率的に動かすエネルギー源と考えれば、その重要性が感じられるはずです。

まずはニュートラルな考え方に戻し、基本的な食生活を保った上で、燃焼効率を上げるためのボディづくりに焦点を置いてほしい。特にダイエットをしている女性には、そんな気付きを持って頂きたいと願っています。

「仕事もスポーツも効率化が重要」トライアスロン選手山本竜哉さんにインタビュー

2014.10.31

今回は、競技者だけでなく、広告業界で働きビジネスマンの顔を持つ山本竜哉さんにインタビューさせていただきました。

毎日忙しい広告業界で働かれていますが、その合間にもスポーツをすることは欠かしていないのだそう。朝のランニングは勿論、仕事で息詰まると机の下に常備しておいた水泳道具を持って、「1時間だけ」とお尻を決めて都営のプールに泳ぎに行ったり、非常階段や廊下で筋肉トレーニングをされているようです。

運動すると頭がスッキリして、企画書の作成ペースもグンとアップ。最近ではむしろ、泳ぎながら頭の中で企画書を作っています。結果、業務効率も上がります。「忙しいから運動できない」という方こそ、気分転換の意味で、1時間だけの運動習慣を始めてみると良いかもしれません。

そんな山本さんは、サプリメントを摂ることも欠かしていません。例えば、タイムを上げるために少しでも軽いシューズを購入したり、通気性の良いウエアを購入するのと同じで、自分が身体のために出来る最大限の準備と自己投資考えられているようです。

山本さんの夢は、早朝から行けるフィットネスジムを作ることです。ジムのオープン時間は早くても8時から。それでは出勤前には間に合いません。ゆくゆくはビジネスマンやビジネスウーマンでも朝から運動することができる場を作り、1日の効率をアップさせる「朝の運動習慣」や運動効率を高める「プレワークアウト習慣」を、広めていきたいそうです!

元ビーチバレー日本代表の朝日健太郎さんにインタビュー

2014.09.27

先日、元ビーチバレー日本代表の朝日健太郎さんにインタビューさせていただきました。

とても素敵な朝日さん。
最近は大江戸線を利用するときに最高潮に興奮するのだとか。

一体なぜなのでしょうか。
それは…階段がたくさんあるから!!
一度にたくさんの階段を上り下りできると思うとテンションがあがるのだそうです。
さすが元アスリート!

引退後は車移動も多く、身体をうごかせない日にはストレスが溜まるのだとか。
特に食後の高血糖状態を解消できないと気持ちが悪いとおしゃっていました。
「ダイエットに悩む人は多いけど、とにかく歩くことを心がければ痩せると思いますよ。歩いて消費カロリーを3割増やし、摂取カロリーを3割抑える。そうすると60%の効果があるわけだからテキメン!日々継続することが、プレワークアウトだと僕は考えます」とのこと。

朝日さんのプレワークアウトへの考え方、気になりますよね~!?
アスリートのリアルなプレワークアウト事情をお話しいただいたので、ぜひインタビュー記事のアップを楽しみにお待ちください!