アルギニンの効果が倍増!? ウリ科の植物に含まれる「シトルリン」とは?

2015.05.08

前回のブログ「よく見かけるアレにも!? アルギニンを含む身近な食材10個」では、筋肉を構成する筋タンパクの増強や、脂質代謝に関わる成長ホルモンの分泌を促す効果がある“アルギニン”が、どのような食材に多く含まれるのかをご紹介しました。

今回は、そのアルギニンの効果を倍増させてくれるアミノ酸の一種“シトルリン”のパワーについて、お話していきたいと思います。

・持久力アップ
シトルリンを摂取すると、体内にNO(一酸化窒素)が発生。NOには、血管をしなやかに拡げる作用があり、血流を良くすると言われています。その結果、体内での酸素の消費効率や、糖や脂質などの栄養素の運搬量が増加。

さらに、NOには血管から組織への糖の取り込みをアップする作用も知られており、持久力が高まると考えられています。

・疲労回復
シトルリンには、運動時のエネルギー生産の際に発生する疲労原因物質・アンモニアを除去する働きがあるため、運動後の疲労の軽減、運動パフォーマンスのアップなどの効果が期待できます。

・酸素消費効率アップ
シトルリンにより血流が促進されると、血中の酸素の輸送量が増加し、より効率的に酸素を利用することが出来るようになると考えられます。

・集中力・記憶力・やる気アップ
精神疲労は、脳の血流低下と関係しています。シトルリンを摂取することで、脳の血流が増加し、集中力や記憶力の向上、やる気アップなどに繋がると期待されています。

そのほかにも、シトルリンには、むくみ解消や冷え性改善、アンチエイジングと、女性に嬉しい効果があることでも知られています。では、日常生活にシトルリンを摂り入れたいと思ったときは、どのような食材を選んだら良いのでしょうか?

■シトルリンを多く含む食材8個

(1)スイカ
(2)メロン
(3)冬瓜
(4)きゅうり
(5)にがうり
(6)ヘチマ
(7)クコの実
(8)にんにく

シトルリンは、さまざまな料理に摂り入れやすいウリ科の植物に多く含まれていることがわかりますよね。

しかし、アスリートの栄養摂取に詳しいボディメイクトレーナー・食育インストラクターの森弘子さんよれば、シトルリンにおいてもアルギニンと同様に、「ワークアウト直前の迅速な吸収のためにはサプリメントによる摂取が有効」なのだそう。

また、アルギニンの効果を倍増させるためには、「アルギニン1:シトルリン1」の割合で、同時摂取することがポイントとなるので、覚えておきましょう。

運動効率をアップさせたいときはサプリメントから、日々の健康的な生活に役立てたいときは食事からと、目的別に摂取方法を変えながら摂り入れることをオススメします。

カテゴリ: