スイカを食べながら走る!?ユニークな日本のマラソン大会3つ

2015.12.25

18歳でホノルルマラソンに挑戦。その後、ラスベガスやNY、シドニー、ゴールドコーストなど、さまざまな海外マラソンにも参加したという小林さんですが、「どれも自然や景色を楽しめて、最高だった」とその感想を教えてくれました。
ちなみに、国内では、富士山や河口湖・西湖を眺めながら走る『富士山マラソン』が一番印象深かったそう。また、大会ではないのですが、プライベートで走った江の島や海岸沿いの景色も良かったといいます。
このように、マラソンをするうえで、「景色やその土地ならではの楽しみも大事」と考えている小林さん。各地で開催されているユニークなマラソン大会にも興味があるとおっしゃっていました。
そこで、日本国内では、どのようなユニークな大会が開催されているのか調べてみました。

① 『富里スイカロードレース』
スイカの産地・千葉県富里市では、給水所ならぬ“給スイカ所”が設置された『富里スイカロードレース』が有名です。以前、ご紹介しましたね。

そして、スイカと言えば、持久力アップや疲労回復に役立つ“シトルリン”が含まれていますよね。美味しく食べられるだけではなく、マラソンをサポートしてくれるなんて、ランナーにとって嬉しい大会だと言えるのではないでしょうか。

②  『東北風土マラソン』
宮城県登米市で開催されるこのマラソンは、東北各地の名物グルメを食べたり、日本酒仕込みの水を飲んだりしながら走る“ファンラン(企画性のあるマラソンイベント)”。
「東北の魅力を味わえる」と人気の大会です。

③『スイーツマラソン』
ラン&スイーツを楽しめる『スイーツマラソン』は、女性に大人気。なんでも、1周2~3kmの周回コース上に設置された“給スイーツ所”を通るごとに、スイーツが食べられるのだそう。公式HPによると、2014-2015シーズンは、各大会とも250種類以上のスイーツが並んだといいます。

山口や広島、千葉、愛知、東京、福岡など、さまざまな地域で定期的に開催されるそうなので、チェックしてみては?
他にも、ユニークな大会がチラホラ……。これは、日本にも、マラソンが浸透してきている証だといっても過言ではありませんよね。
たまには、家族や友人と楽しみながら走ってみるのも良いのではないでしょうか。
(各大会の詳細は、Webサイトで確認してください)

カテゴリ: