ママランナー・小林さんが4時間の壁“サブフォー”達成のためにしていること4つ

2015.12.24

今回は、フルマラソンを3時間台で走り切るママランナー・小林花織さんにインタビューさせていただきました。

みなさん、女性が42,195kmのフルマラソンを完走する平均タイムをご存じですか? 正解は……、約5時間。
初めてフルマラソンを走る方で約5~6時間、日常的に走ることが習慣化されている方で約4~5時間……そして、4時間未満で走ることを“サブフォー”と呼び、多くの市民ランナーが目標とする第一の壁になると言われています。
ちなみに小林さんは、3時間45分で完走。すでに、“サブフォー”を達成しているのですね。
では、マラソンチームに所属していない小林さんが、ここまでの記録を出せたのはなぜなのでしょうか?

(1)ランナーズステーションの研修会に参加
ロッカーやシャワールームなどを備えたランナー向けの施設“ランナーズステーション”では、さまざまな研修会が定期的におこなわれるそう。たくさんの仲間と一緒に参加することで、楽しみながら走るスキルを磨けると言います。

(2)プロによるフォーム指導を受ける
マラソン雑誌の読者モデルを務める小林さん。企画で、プロによるフォーム指導を定期的に受けており、タイムを上げるのに役立てているそうです。

(3)マラソン仲間との情報交換
ランニングステーションや、大会で知り合ったマラソン仲間との情報交換も大事だと言います。大会前のコンディション作りとして欠かさず摂取しているアミノ酸ドリンクも、マラソン仲間が「これ、いいよ」と言っているものを試すことが多いそう。

 (4) インターバルトレーニングの実施
その他にも、心肺機能を高めるために、全力疾走と休憩を繰り返すインターバルトレーニングを取り入れていると教えてくれました。
“サブフォー”を目指す方・これからマラソンを始めようと思っている方にとって、参考になるものが多いのではないでしょうか。
次回のブログでは、ラン時のコーディネートに定評がある小林さんの“ウエアへのこだわり”をご紹介します。

カテゴリ: