外を走れないときは●●を使う!? 雨の日でも出来る有酸素運動とは・・・

2015.07.01

前回のブログでは、モデル・吉井絵梨子さんへのインタビューの様子をお伝えしました。
今回は、吉井さん流・有酸素運動を続けるコツをご紹介します。

「以前、1週間走らなかったことがあるのですが……体はむくむし、顔は大きくなるし、最悪でした。」と、過去の話をしてくれた吉井さん。この苦い経験も、マラソンを続けるモチベーションになっているのだそう。

基本的には、朝マラソンをすることが多いのですが、忙しかったり、眠かったり……。“朝は自分との闘い”でもあるといいます。それでも頑張れるのは、「好きなものを手に入れるため」なのだとか。

では、吉井さんの好きなものとは、一体何なのでしょうか?
それは……、“食べること”!

「好きなものを食べたい」

「食べるためにどうするか」

「体を動かさないと後悔する」

「走る」

このように考えることで、マラソンも頑張れるそうです。
ですが、世界大会に出場するときは、女性一人で走るのには適さない国にいることもありますよね。そんなときは、室内にある“段差”を使って、踏み台昇降のように上り下りを繰り返しているのだそうです。

「一日5分でも、ストレッチをしながら走ったり、踏み台昇降をしたりすることで体は違ってきます。」とのこと。そして、どのようなシーンでも、「肉体づくりに必要となる栄養を全身に運び、筋肉から疲れの原因となる物質を外に運び出し、運動効率を高めてくれるアミノ酸のサプリメントを摂取してから体を動かす」と教えてくれました。

「旅行先にいるから」「雨だから」とマラソンをお休みするのも良いのですが、「何とかして体を動かしたい!」という方は、吉井さん流・踏み台昇降+アミノ酸のサプリメントを取り入れてみてはいかがでしょうか?

次回は、吉井さんの食生活をご紹介します。
お楽しみに……。

カテゴリ: