筋力+集中力が大事!大谷さん流「集中力の高め方」

2015.10.01

何百キロもあるバー・プレート(重り)を持ち上げる競技“パワーリフティング”には、筋力はもちろん、集中力も大事だといいます。ここでは、パワーリフティング選手・大谷さんが実践している集中力の高め方をご紹介していきたいと思います。

(1)カフェインを摂る
カフェインと聞いてまず思い浮かべるのは、眠気覚ましや利尿作用ですよね。ですが、その他にも効果・効能があるのです。それは……、“集中力を高める”こと。

これは、カフェインを摂取→ドーパミンやノルアドレナリンが放出→脳が覚醒、集中力が高まるというメカニズムによるものです。大谷さんは、運動前のプレワークアウトにカフェインを摂取することで、このメカニズムを取り入れているといいます。
カフェインによる集中力のUPは、スポーツ時以外にも役立ちます。「仕事や会議で集中力を発揮したい」という方は、コーヒーを飲んでみましょう。ただし、カフェインには、摂取後30分~1時間で効果を発揮するという性質があるので、集中したい時間から逆算して飲むのがオススメです。

(2)イメージトレーニングをする
「試合前日は、会場に足を運んでイメージトレーニングをします」と、大谷さん。どのように入場して、どこを見て、どうしゃがんで……と、一連の流れをシュミレーションするのだそう。
歩く歩数や、競技時間を分・秒単位で意識し、本番でベストパフォーマンスを発揮できるように調整するのだと教えてくださいました。
カフェインの摂取にイメージトレーニング。トップアスリートが実践する“集中力の高め方”はいかがでしたか? カフェインを摂取して、物理的に、且つイメージトレーニングで本番さながらのシュミレーションを行う方法なら、集中力もグンとアップすること間違いなしです。

カテゴリ: